診療報酬債権のファクタリングの特長

subpage01

診療報酬債権をファクタリングで買い取ってもらう場合には、資金の計画性と資金繰りの判断が非常に重要です。

魅力的なファクタリングが最近こちらで話題になりました。

通常ファクタリングを用いる背景には当座の資金を調整したいとか、現金が一時的に必要な場合、さらには債務者が債務を履行できない恐れがあるなどの様々な背景があり、その時点を乗り超えることで経営が安定化すると言ったビジョンが見えることがほとんどです。



しかし診療報酬は基本的には回収できないことはなく、むしろ患者に対して取り立てなどの負担を掛けたくない、しかし診療報酬を得ないと病院が経営難に陥ってしまうという非常事態的な要素でファクタリングを利用するケースが多いのです。診療報酬債権の多くは基本的には期日までに回収できることが多いため、基本的に手形で言う不渡りを出してしまうことに対する恐怖は少ないものですが、多くはその支払い日までに現金を調達できなくなってしまい、資金のショートを避けるためにファクタリングを利用するのです。


但し診療報酬は基本的に毎月発生するものであり、その報酬を先取りすることで次の月の診療報酬が入るまでの間が空いてしまうため、一定期間現金が入らない日が長く続くことになってしまうのです。


その為診療報酬債権を利用したファクタリングを継続することになる危険が増えてしまいます。



その際には診療報酬債権を持っている会社が満額で解決できる点を放棄したことになるため、債権の額面よりも安い金額で売却することになり、結果として収入が少なくなってしなう危険が有るのです。