診療報酬債権のファクタリング

subpage01

ファクタリングとは、売上債権の譲渡によって、入金期日前の債権を現金化する金融取引のことを言います。売上債権の中でも、売掛金や未収入金は、実態のある手形と異なり、債務者(期日になったら支払うべき人)の信用力によって債権の価値が異なりますが、診療報酬債権は、債務者が社会保険組合や市区町村など、信用面で疑問の余地がないため、ファクタリングに適しているのが特徴です。

事業経営の目的は利益を上げることですが、経営手段は利益を上げるだけでは十分ではありません。

おすすめのファクタリングの情報が必要な方必見です。

利益が出ていても、資金繰り=キャッシュフローが滞ると、黒字でも破綻してしまいます。具体的な事例では、売上代金やサービスの対価が、すべて現金で入金するなら心配はありませんが、診療報酬債権は、本人負担分を窓口で入金し、残りの7割から9割は月末締めの翌翌月20日ころ、最長で約80日の時差があります。
その間も、家賃や人件費などの固定費、薬や消耗品の仕入れ、検査の外注など、費用の支払いは先行して行う必要があります。

売上が多ければ経営は順調と思いがちですが、実は売上が多いほど仕入れや経費も多くなるため、資金繰りには慎重な対応が求められます。



資金繰りの不足分を借入金で調達すると、資金調達コストとして利息がかかるとともに、病院の健全性の指標である自己資本比率が低下します。

ファクタリングなら、診療報酬債権の譲渡なので、自己資本比率が下がらないのもメリットです。